英語だけでヨシ!市役所社会人採用を目指すひとの文章理解の勉強方法

未分類
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

さて、今回は地方公務員の社会人経験者採用試験の話


地方公務員試験の「文章理解」の勉強方法がわかりません。わびさびすとさんはどのような勉強をしましたか?




こういった質問にお答えします。

この記事を読んでわかること

仕事をしている人でも簡単にできる「文章理解」の勉強方法


社会人経験者採用試験の教養試験対策

教養試験は概ね40題出題され、市役所の社会人採用試験の筆記試験はほとんどが教養試験のみです。
教養試験の出題は次のとおりです。

教養試験の出題範囲
  • 社会科学:政治・経済、社会
  • 人文科学:世界史、日本史、地理、思想、文学・芸術
  • 自然科学:数学、物理、化学、生物、地学
  • 文章理解:現代文、古文、英文
  • 数的処理:数的推理、判断推理、資料解釈
問題は簡単です!

上の科目の中から40問が出題されます。
重要な科目を順に並べると、「判断推理」、「数的推理」、「政治・経済」

「判断推理」及び「数的推理」は出題数が多い上に、馴染みがないのである程度勉強しないと解けないでしょう。

「政治・経済」は新聞等を読んで、最新の知識を頭に入れておかないと厳しいでしょう。

その他の科目は、中学校及び高校で学んだことをある程度覚えていればそれなりに解けます。

ちなみに地方公務員の社会人採用試験の筆記試験はあまり重視されないようです。
いわゆる「足切り」のための試験なのです。

面接試験や小論文試験のほうが重要なので、筆記試験のための勉強はほどほどにしたほうが良いでしょう。

社会人経験者採用試験の「文章理解」の勉強方法

文章理解とは現代文、古文、英文のことです。

はっきり言って高校入試レベルです。

しかも試験は選択問題なので全体をサラッと勉強すれば十分です。

試験勉強はそれぞれの科目ごとに1冊の本を読むだけです。
では、私が実際に読んだ本を紹介します。

現代文:勉強しませんでした

現代文の勉強は全くしなかったですね。

社会人として普通に仕事をしていれば対応できると思ったからです。

現代文の試験内容は、A4用紙に2/3くらいの文章を読んで、その内容の要約等を選択肢から選ぶものです。
文章の要約は、社会人なら日々無意識のうちにやっていることで、社会人としての当たり前のスキルなので勉強は必要ないと思います。

実際の試験でも全く問題なく解けました。

古文:勉強しませんでした

古文の勉強も全くしなかったです。

費用対効果が悪すぎると思ったからです。
教養試験では40問のなかで1問出題されるかどうかですよ。

試験の内容もA4用紙1/3くらいの古文を読んで、その意味するところを選択肢から選ぶもの
選択肢も極端に内容が分かれているので、古文の内容の半分くらいを理解できれば対応可能です。

私は高校で勉強したことを思い出しながら解きましたが、できなかったという感覚はないです。

英文:「DUO3.0」

英文の勉強で使用した参考書は「DUO3.0」です。

英語も社会人として普通に仕事をしていれば対応できる…と言いたいところですが、英語が少し苦手だったので勉強しました。

英文の試験内容は、A4用紙1枚くらいの英文を読んで、その内容の要約等を選択肢から選ぶものです。
「英語は社会人としての当たり前のスキルなので勉強は必要ない!」と言える人は勉強しなくてもいいレベルです。

「DUO3.0」は一つの英文の中で使用されている英単語を一語ずつ取り上げ、その意味や同じ意味を持つ英単語、反対の意味を持つ英単語等を覚えていくものです。

私は一抹の不安があったのでせめて単語だけでも覚えようと思い、仕事の昼休憩等に毎日30分程度勉強していました。 英語の勉強は周りに転職活動をさとられることもないので、気兼ねなくできますよ。

その成果もあって、実際の試験の時は英文の内容も理解できましたし、選択肢でも迷うこともなかったですね。

【地方公務員の社会人経験者採用試験】文章理解の試験対策|まとめ

仕事をしている人でも簡単にできる「文章理解」の勉強方法について紹介しました。

地方の市役所レベルだったら、一般的な社会人なら対策しなくても十分に対応できます。
ただ、個人的に英語は苦手だったので単語の勉強をしました。

地方公務員の社会人経験者採用試験は面接試験や小論文試験のほうが重要なので、筆記試験のための勉強はほどほどにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました