読むだけでOK!市役所社会人採用を目指すひとの人文科学の勉強方法

未分類
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

さて、今回は地方公務員の社会人経験者採用試験の話


地方公務員試験の「人文科学」の勉強方法がわかりません。わびさびすとさんはどのような勉強をしましたか?




こういった質問にお答えします。

この記事を読んでわかること

仕事をしている人でも簡単にできる「人文科学」の勉強方法


社会人経験者採用試験の教養試験対策

教養試験は概ね40題出題され、市役所の社会人採用試験の筆記試験はほとんどが教養試験のみです。
教養試験の出題は次のとおりです。

教養試験の出題範囲
  • 社会科学:政治・経済、社会
  • 人文科学:世界史、日本史、地理、思想、文学・芸術
  • 自然科学:数学、物理、化学、生物、地学
  • 文章理解:現代文、古文、英文
  • 数的処理:数的推理、判断推理、資料解釈
問題は簡単です!

上の科目の中から40問が出題されます。
重要な科目を順に並べると、「判断推理」、「数的推理」、「政治・経済」

「判断推理」及び「数的推理」は出題数が多い上に、馴染みがないのである程度勉強しないと解けないでしょう。

「政治・経済」は新聞等を読んで、最新の知識を頭に入れておかないと厳しいでしょう。

その他の科目は、中学校及び高校で学んだことをある程度覚えていればそれなりに解けます。

ちなみに地方公務員の社会人採用試験の筆記試験はあまり重視されないようです。
いわゆる「足切り」のための試験なのです。

面接試験や小論文試験のほうが重要なので、筆記試験のための勉強はほどほどにしたほうが良いでしょう。

社会人経験者採用試験の「人文科学」の勉強方法

人文科学とは世界史、日本史、地理、思想、文学・芸術のことです。

「世界史、日本史、地理なんて大学入試より範囲広いじゃん!」

って思う人もいるでしょう。

安心してください、市役所レベルではそんな深いところまで問われません。
しかも試験は選択問題なので全体をサラッと勉強すれば十分です。

試験勉強はそれぞれの科目ごとに1冊の本を読むだけです。
では、私が実際に読んだ本を紹介します。

世界史:「忘れてしまった高校の世界史を復習する本」

私が世界史の勉強で使用した参考書は「忘れてしまった高校の世界史を復習する本」

内容はとても読みやすく、初学者でも難なく読めるレベル
一つ一つの事象を覚えるのではなく、世界史の流れを掴むのに最適な参考書ですよ。
地図を傍らに置いて読むと頭に入りやすく効果的です。

私はこの参考書をいわゆる読み物としてお茶を飲みながら読んでいました。
分量が多いので熟読すると時間がかかりすぎます。
世界史の問題は範囲が広い反面、出題は少ないのであまり時間をかけないことがコツ

この一冊で世界史は十分です。

日本史:「忘れてしまった高校の日本史を復習する本」

日本史の勉強で使用した参考書は「忘れてしまった高校の日本史を復習する本」です。

「忘れてしまった高校の世界史を復習する本」と同様で、内容はとても読みやすく、初学者でも難なく読めるレベル
世界史と同じく、歴史の流れを掴むのに最適な参考書です。

世界史と同じく、スタバとかで読んで勉強するくらいの感覚で大丈夫です。
教養試験は選択式なので、難しい用語や漢字を覚える必要はありません。

日本史もこの一冊で十分ですね。

地理:「忘れてしまった高校の地理を復習する本」

地理の勉強で使用した参考書は「忘れてしまった高校の地理を復習する本」
世界史、日本史と同じシリーズです。

私自身、高校で地理を勉強したことがなかったのでこの本がどれくらいのレベルをカバーしているのかわかりません。
試験を受けるまではこの一冊で大丈夫なのか不安でしたが、実際に試験で出された問題には対応できました。

思想:勉強しませんでした

思想については勉強しませんでした…ごめんなさい。

理由は世界史や日本史を勉強しているときに、思想に関する事象、人物等も出てくるのでそれで十分だからです。

勉強もしなかったし、難しかったという覚えもないので大丈夫です。

文学・芸術:勉強しませんでした

文学・芸術も勉強してません…参考にならなくて申し訳ございません。

何をしていいかもよくわかりませんし、頻繁に出題される分野でもないので今までの教養(笑)で勝負しようと思いました。

実際、試験での出題はなかったです。

【地方公務員の社会人経験者採用試験】人文科学の試験対策|まとめ

仕事をしている人でも簡単にできる「人文科学」の勉強方法について紹介しました。

地方の市役所レベルだったら、人文科学の世界史、日本史、地理の対策だけで十分です。
さらに言うと出題数も少ないので、紹介した3冊の本を読むだけで十分に対応できます。

地方公務員の社会人経験者採用試験は面接試験や小論文試験のほうが重要なので、筆記試験のための勉強はほどほどにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました