文系でも大丈夫!市役所社会人採用を目指すひとの自然科学の勉強方法

未分類
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

さて、今回は地方公務員の社会人経験者採用試験の話


地方公務員試験の「自然科学」の勉強方法がわかりません。わびさびすとさんはどのような勉強をしましたか?




こういった質問にお答えします。

この記事を読んでわかること

仕事をしている人でも簡単にできる「自然科学」の勉強方法


社会人経験者採用試験の教養試験対策

教養試験は概ね40題出題され、市役所の社会人採用試験の筆記試験はほとんどが教養試験のみです。
教養試験の出題は次のとおりです。

教養試験の出題範囲
  • 社会科学:政治・経済、社会
  • 人文科学:世界史、日本史、地理、思想、文学・芸術
  • 自然科学:数学、物理、化学、生物、地学
  • 文章理解:現代文、古文、英文
  • 数的処理:数的推理、判断推理、資料解釈
問題は簡単です!

上の科目の中から40問が出題されます。
重要な科目を順に並べると、「判断推理」、「数的推理」、「政治・経済」

「判断推理」及び「数的推理」は出題数が多い上に、馴染みがないのである程度勉強しないと解けないでしょう。

「政治・経済」は新聞等を読んで、最新の知識を頭に入れておかないと厳しいでしょう。

その他の科目は、中学校及び高校で学んだことをある程度覚えていればそれなりに解けます。

ちなみに地方公務員の社会人採用試験の筆記試験はあまり重視されないようです。
いわゆる「足切り」のための試験なのです。

面接試験や小論文試験のほうが重要なので、筆記試験のための勉強はほどほどにしたほうが良いでしょう。

社会人経験者採用試験の「自然科学」の勉強方法

社会科学とは数学、物理、化学、生物、地学のことです。

「 物理、化学、生物、地学なんて大学入試より範囲広いじゃん!」

って思う人もいるでしょう。

安心してください、市役所レベルではそんな深いところまで問われません。
しかも試験は選択問題なので全体をサラッと勉強すれば十分です。

試験勉強はそれぞれの科目ごとに1冊の本を読むだけです。
では、私が実際に読んだ本を紹介します。

全般:「速攻の自然科学」

私が自然科学の勉強で使用した参考書は、「速攻の自然科学」です。

自然科学についてランキング形式でまとめているのですが、内容は読みにくく、わかりにくいです。
正直、高校の時に勉強していないとこの参考書の内容は理解できないと思います。

ただ、出題傾向を把握するにはいい参考書です。

私はこの参考書と各分野ごとの参考書を併用してました。
例えば「速攻の自然科学」を見ながら、「忘れてしまった高校の物理を復習する本」を読むような形で勉強していました。

この本のみで自然科学を勉強するのはあまりおすすめしません。

数学:公式を確認する程度

数学の勉強は 「速攻の自然科学」で公式を確認した程度です。
別の記事で紹介する「数的推理」を勉強してたら解けると思います。

それだけで数学の問題を解くことができました。
数学に時間を費やすのは時間の無駄ですよ。

物理:公式を確認する程度

物理も数学と同じで「速攻の自然科学」で公式を確認した程度です。

公式さえ覚えておけば、問題文で与えられた数字を入れるだけです。
自分で出した答えが選択肢になければ、計算を間違えたか公式を間違えたかのどちらかです。

この試験対策で物理も普通に解くことができました。
一から物理の勉強を始めるなんてナンセンスですよ。

化学:「忘れてしまった高校の化学を復習する本」

化学の勉強で使用した参考書は「忘れてしまった高校の化学を復習する本」です。

所々にイラストも交えており、化学の基本がよくわかる参考書

私は「速攻の自然科学」だけでは化学を理解することができなかったので、この参考書を併用して勉強しました。
高校の頃は化学が苦手でしたが、よく理解できるようになりました。

ただ、実際に出題された問題は簡単すぎたので効果のほどはわかりません。

生物:「忘れてしまった高校の生物を復習する本」

生物の勉強で使用した参考書は「忘れてしまった高校の生物を復習する本」です。

この本も化学と同様で図解が多く、初学者にもわかりやすい内容です。
遺伝や器官の働きなどはイメージしにくかったので、この参考書を重宝しました。

私自身、生物を勉強するのは初めてでしたが、「忘れてしまった高校の生物を復習する本」と「速攻の自然科学」の併用で教養試験でよく出題される分野については理解できました。

実際の試験では酵素の働きが出題されましたが難なく解けました。

地学:用語を確認する程度

地学の勉強は「速攻の自然科学」で用語を確認した程度です。

私は地学を勉強したことがなかったのですが、化学や生物のようにイメージしづらい用語もなかったので特に参考書を使用することはなかったです。
頻出の用語さえなんとなく覚えておけば、選択式なので解けます。

実際の試験では大気について出題されましたが、普通に解けました。

【地方公務員の社会人経験者採用試験】自然科学の試験対策|まとめ

仕事をしている人でも簡単にできる「自然科学」の勉強方法について紹介しました。

地方の市役所レベルだったら、数学、物理、地学は公式や用語の確認程度で問題なく解けます。
化学や数学は紹介した本をそれぞれ1冊読めば十分です。

地方公務員の社会人経験者採用試験は面接試験や小論文試験のほうが重要なので、筆記試験のための勉強はほどほどにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました