ビズリーチのレビューと登録前に知っておきたい使い方

スポンサーリンク

転職活動を始める際にまず悩むことは利用する転職サイトの選択です。

最近は転職サイトについてインターネットで調べても、同じような内容の記事ばかりで判断材料になるものがありません。

この記事は、ビズリーチを利用する際に知っておきたいことと、私が実際に利用してみて作ったレビューをまとめたものです。

この記事を読んでいただくと、あなたの転職活動において、ビズリーチを利用すべきかどうかを判断することができます。

ビズリーチとは

まずは、私がビスリーチを実際に利用してみてわかった、必ず理解しておきたいことを中心に説明します。

ビズリーチの特徴

一般的に転職サイトは以下の3つのタイプに分かれます。

転職サイト

多数の求人情報の中から、自分で求人を探し、応募する方法

エージェント

エージェントとの面談を行い、求人の紹介を受けて、選考に進む方法

スカウトサービス

職務経歴書を登録して、スカウトを受ける方法

それぞれの転職サイトのメリット・デメリット及びおすすめできる人は次の表のとおりです。

メリットデメリットおすすめする人
転職サイト自分のペースや希望を重視できる一人で転職活動を進める必要がある・希望が明確
・転職に慣れている
エージェント転職のサポートをしてくれる結果がエージェントの質に左右される・希望が明確でない
・転職活動が不安
スカウトサービス基本的に受け身市場価値によってはスカウトが来ない・キャリアに自信がある
・市場価値を知りたい

ビズリーチの特徴は、すべての要素をあわせもった転職サイトであり、スカウトサービスの性質が強いところです。

ビズリーチの料金プラン

ビズリーチには「プレミアムステージ」といわれる有料のプランがあります。

以下の表は無料と有料プランの比較になります。

通常スカウトプラチナスカウト求人情報ヘッドハンターへの相談
スタンダード
(無料)

返信・閲覧不可
××
タレント会員
(3,278円/30日間)【税込】

年収1,000万円以下の求人のみ
ハイクラス会員
(5,478円/30日間)【税込】

タレント会員/ハイクラス会員とは新規会員登録時に、登録内容をもとに、ビズリーチ独自の審査基準により決定される会員の属性です。

無料でも転職することは可能ですが、有料のプランを利用すると転職活動の幅を広げられます。

ビズリーチのレビュー

続いて、私の利用実績、ビズリーチの口コミ・評判、おすすめポイントやおすすめする人を紹介します。

この3つについて読んでみて、「自分にも合いそう」と思う人は是非利用してみてください。

ビズリーチの利用実績

私のビズリーチの利用実績は以下のとおりです。

  • 20代後半
    幹部自衛官【年収700万円】

    お世話になった転職サイト

    リクナビNEXT、リクルートエージェント、マイナビエージェント

    市役所の社会人採用試験に合格して市役所へ転職

  • 30代前半
    市役所職員【年収550万円】

    お世話になった転職サイト

    リクナビNEXT、リクルートエージェント、doda

    リクルートエージェントの紹介で外資系企業(航空業界)へ転職

  • 30代後半
    外資系企業【年収1,000万円】

    お世話になっている転職サイト

    ビズリーチ

    ビズリーチのヘッドハンターからスカウト数件

現在、航空業界の外資系企業で働いていますが、ビズリーチを利用して転職活動をしています。

転職活動をしている理由は、自分の市場価値の継続的な把握と良いスカウトがあれば転職したいからです。

今までにいただいたスカウトのなかで興味があったのは次の3件

  1. 外資系航空会社(部長職、年収1,500万円)
  2. 外資系航空会社(課長職、年収1,100万円)
  3. 日系大手不動産会社(課長職、年収1,000万円)

このレベルのスカウトになると、面接を受けるための移動費や宿泊費は相手が出してくれます。

ビズリーチの口コミ・評判

私はビズリーチを利用してみて、とてもフィットする転職サイトと感じていますが、口コミや評判は様々です。

Twitter
Twitter
Twitter
Twitter
Twitter

やはりスカウトサービスの性質が強く、好条件のスカウトを受けている人も多いようです。

一方でスカウトが全く来ないという人もいるようで、ビズリーチの利用には向き不向きがあることがわかります。

ビズリーチのおすすめポイント

私の実体験とビズリーチの口コミ・評判を考えると、おすすめできるポイントは次の3つです。

  1. 好条件の案件を受け身で待つことができる
  2. 自分の市場価値を知ることができる
  3. ハイキャリア案件が多い

私は先に紹介した3件以外にもいくつかスカウトを受けましたが、今までの転職活動では出会うことがなかったハイキャリア案件ばかりでした。

Twitterなどでビズリーチの口コミ・評判を見ていると同じようにハイキャリア案件のスカウトを受けている人をよく見かけます。

ビズリーチをおすすめできる人

実は市役所から転職する際にもビズリーチに登録していましたが、その時は全くスカウトが来ませんでした。

外資系企業の専門分野で働き始めてからスカウトを受けるようになったことを考えると、ビズリーチをおすすめできる人は以下のとおりです。

  1. 年収750万円以上の人
  2. マネジメント経験か高い専門スキルを有する人
  3. 中長期的に転職を考えている人

以上が私の利用実績、口コミ・評判、おすすめポイントやおすすめする人です。

今まで読んでみて「自分には合ってそう」と感じた人はここから先の内容もぜひ参考にしてください。

ビズリーチの転職の流れ

ビズリーチでの転職はヘッドハンターまたは企業からスカウトがメインになります。

基本的な転職の流れは以下の通りです。

  • STEP1
    職務経歴書を作成する
    会員登録後、所定の職務経歴書にこれまでの経歴等を入力する。
  • STEP2
    スカウトを受け取る
    企業から届く場合とヘッドハンターから届く場合がある。
  • STEP3
    面談・面接
    ヘッドハンターとの面談、企業との面接を受ける。
    ※ヘッドハンター経由の場合は、ヘッドハンターが企業との面接日の調整や面接対策などを行ってくれます。
  • STEP4
    内定・入社
    企業と年収などの条件交渉や入社日調整などをする。
    ※ヘッドハンター経由の場合は、条件交渉や調整などをヘッドハンターが行ってくれます。

このほかにも「求人検索」や「求人案内」から応募する方法もあります。

しかしながら、やはりメインはヘッドハンターや企業からのスカウトになります。

ですので、ヘッドハンターや企業の目に留まるように、しっかりと職務経歴書を仕上げることが重要となります。

まとめ

以上がビズリーチを利用する際に知っておきたいことと、私が実際に利用してみて作ったレビューをまとめた内容です。

ビズリーチは国内最大級のハイクラス転職サイトです。

好条件のスカウトを待つだけなので効率的・主体的に転職活動できる反面、残念ながら市場価値が高くない人にはスカウトが来ません。

以下の3つに当てはまる人にはビズリーチを積極的に活用することをおすすめします。

  1. 年収750万円以上の人
  2. マネジメント経験か高い専門スキルを有する人
  3. 中長期的に転職を考えている人

以上に当てはまる人はさっそく登録してみましょう。

また自分の市場価値を知りたい人も登録してみてはいかがでしょうか?

そして、登録した際はヘッドハンターや企業の「目」を意識して、職務経歴書を仕上げましょう。

タイトルとURLをコピーしました