公務員から転職したい人へ。リクルートエージェントのレビューと登録前に知っておきたい使い方

スポンサーリンク
わびさん
わびさん

外資系企業で働く元公務員のわびさん(@wabisabist)です。詳しい自己紹介はこちら

転職活動を始める際にまず悩むことは利用する転職サイトの選択です。


最近は転職サイトについてインターネットで調べても、同じような内容の記事ばかりで判断材料になるものがありません。


この記事は、リクルートエージェントを利用する際に知っておきたいことと、私が実際に利用してみて作ったレビューをまとめたものです。


この記事を読んでいただくと、あなたの転職活動において、リクルートエージェントを利用すべきかどうかを判断することができます。

リクルートエージェントとは

まずは、私がリクルートエージェントを実際に利用してみてわかった、必ず理解しておきたいことを中心に説明します。

リクルートエージェントの特徴

一般的に転職サイトは以下の3つのタイプに分かれます。

転職サイト

多数の求人情報の中から、自分で求人を探し、応募する方法

エージェント

エージェントとの面談を行い、求人の紹介を受けて、選考に進む方法

スカウトサービス

職務経歴書を登録して、スカウトを受ける方法

それぞれの転職サイトのメリット・デメリット及びおすすめできる人は次の表のとおりです。

メリットデメリットおすすめする人
転職サイト自分のペースや希望を重視できる一人で転職活動を進める必要がある・希望が明確
・転職に慣れている
エージェント転職のサポートをしてくれる結果がエージェントの質に左右される・希望が明確でない
・転職活動が不安
スカウトサービス基本的に受け身市場価値によってはスカウトが来ない・キャリアに自信がある
・市場価値を知りたい

リクルートエージェントの特徴は、すべての要素をあわせもつ総合的な転職サイトであり、特にエージェントの性質が強いところです。

リクルートエージェントは無料

リクルートエージェントなどの転職エージェントは無料でサービスを受けられます。


一般的な転職エージェントは、企業に「良い人材」を紹介し、コンサルティングフィーを成功報酬として受け取っています。


この「良い人材」が転職エージェントを利用する転職希望者になります。


なお、リクルートエージェントには、「入社して半年以内に退職した場合は企業にコンサルティングフィーを返金する」というルールがあります。

このルールがあるため、転職希望者を強引に転職させるようなことはほとんどありません。

リクルートエージェントのレビュー

続いて、私の利用実績、リクルートエージェントの口コミ・評判、おすすめポイントやおすすめする人を紹介します。

この3つについて読んでみて、「自分にも合いそう」と思う人は是非利用してみてください。

リクルートエージェントの利用実績

私のリクルートエージェントの利用実績は以下のとおりです。

  • 20代後半
    幹部自衛官【年収700万円】

    お世話になった転職サイト

    リクナビNEXT、リクルートエージェント、マイナビエージェント

    市役所の社会人採用試験に合格して市役所へ転職

  • 30代前半
    市役所職員【年収550万円】

    お世話になった転職サイト

    リクナビNEXT、リクルートエージェント、doda

    リクルートエージェントの紹介で外資系企業(航空業界)へ転職

  • 30代後半
    外資系企業【年収1,000万円】

    お世話になっている転職サイト

    ビズリーチ

    ビズリーチのヘッドハンターからスカウト数件

20代後半で幹部自衛官として働いているときと、30代前半で市役所職員として働いているときにリクルートエージェントを利用して転職活動をしました。


本格的に利用したのは市役所職員として働いているときで、現在の勤めている外資系企業(航空業界)に転職することができました。


現在の会社のほか、リクルートエージェントで内定をいただいたのは次の3件

  1. 外資系航空関連会社(年収800万円)
  2. 日系コンサルタント会社(年収680万円)
  3. 教育関連会社(年収600万円)


外資系航空関連会社の年収がやや高いのは、リクルートエージェントの担当の方が条件交渉をしてくれたおかげです。

リクルートエージェントの口コミ・評判

私はリクルートエージェントを利用してみて、とてもフィットする転職サイトと感じていますが、口コミや評判は様々です。

Twitter
Twitter
Twitter
Twitter
Twitter

求人数が圧倒的に多いことや、スタッフの質が良いというツイートが目立ちます。


一方で、大量のDMが来るというツイートも多かったです。


また、なかには登録拒否をされたという人もいるようで、リクルートエージェントの利用には向き不向きがあることがわかります。

リクルートエージェントのおすすめポイント

私の実体験とリクルートエージェントの口コミ・評判を考えると、おすすめできるポイントは次の3つです。

  1. 求人の質・量が良く、幅広い転職活動ができる
  2. 書類選考や面接の対策が丁寧なので安心できる
  3. 企業への交渉力が高い


30代で市役所職員という厳しい条件での転職活動でしたが、幅広い提案と丁寧な対策のおかげで約3週間で納得のいく転職ができました。


Twitterなどでリクルートエージェントの口コミ・評判を見ていると同じように丁寧なアドバイスを受けている人をよく見かけます。

リクルートエージェントをおすすめできる人

自衛隊から転職する際にもリクルートエージェントに登録していましたが、その時は面接どころか書類選考も通りませんでした。


2回目の利用でいくつかの企業から内定をいただき、納得いく転職ができたことを考えると、リクルートエージェントをおすすめできる人は以下のとおりです。

  1. 3か月以内をめどに転職を考えている人
  2. 幅広い提案をもらって比較検討したい人
  3. 本気で書類選考や面接の対策をしてほしい人

以上が私の利用実績、口コミ・評判、おすすめポイントやおすすめする人です。

今まで読んでみて「自分には合ってそう」と感じた人はここから先の内容もぜひ参考にしてください。

リクルートエージェントの転職の流れ

リクルートエージェントでの転職は、サービスを申し込むと、スタッフが転職活動のほとんどの過程をサポートしてくれます。


基本的な転職の流れは以下の通りです。

  • STEP1
    求人状況の確認・サービスのご連絡
    申し込み後、サービス内容や面談日程について連絡が届く。
  • STEP2
    キャリアアドバイザーとの面談・相談
    転職の目的や希望条件の確認、方向性の明確化などを行う。
  • STEP3
    求人紹介・書類添削・面接対策
    求人紹介や希望する求人に合った職務経歴書の作成、面接対策などを行う。
  • STEP4
    応募・書類選考・面接
    希望する企業が決まったら、キャリアアドバイザーが企業に推薦する。面接などの日程調整もしてくれる。
  • STEP5
    内定・退職交渉・入社
    年収や待遇の交渉、入社日の調整もキャリアアドバイザーがしてくれる。

リクルートエージェントに申し込んでから、転職先の企業に入社するまで、スタッフがずっとサポートしてくれます。


ですので、転職活動の結果がキャリアアドバイザーなどのスタッフの質に大きく左右されます。


リクルートエージェントでは、キャリアアドバイザーの変更もできるので、合わないと思ったら早めに変えてもらいましょう。

まとめ

以上がリクルートエージェントを利用する際に知っておきたいことと、私が実際に利用してみて作ったレビューをまとめた内容です。


リクルートエージェントは国内最大手の転職エージェントです。


転職活動を全般的にサポートしてくれる反面、転職活動の結果がキャリアアドバイザーなどのスタッフの質に左右されます。


以下の3つに当てはまる人にはリクルートエージェントを積極的に活用することをおすすめします。

  1. 3か月以内をめどに転職を考えている人
  2. 幅広い提案をもらって比較検討したい人
  3. 本気で書類選考や面接の対策をしてほしい人

以上に当てはまる人はさっそく登録してみましょう。


そして、申し込み後は担当するキャリアアドバイザーが自分に合っているかどうかを早めに見極めましょう。

タイトルとURLをコピーしました