【わびさび生活】部屋着に最適!作務衣生活、始めました。

作務衣 未分類
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

さて、今回はわびさび生活の話

家にいるときは和装でいたいなぁとずっと思っていました。

そして、ついに作務衣を買いました。

今回購入したのはしじら織の綿麻作務衣

作務衣生活を始めて約2週間が経ちました。

結論から言うと想像以上に快適

というわけで本記事は「涼しくて部屋着に最適!しじら織の綿麻作務衣生活、始めました。」について書きます。

しじら織の綿麻作務衣は爽やかな着心地

f:id:Wabisabist:20190811132917j:plain

日本の夏は暑い上に湿気が多いです。

何を着てても不快

そんななか作務衣は暑苦しいと思う人もいると思います。

でも、実際に作務衣を着て生活してみると意外と涼しく、爽やかで着心地がいいんです。

その秘密は生地と織り方にあります。

まず、生地は綿や麻、絹など天然繊維のほうが一般的に着心地が良いとされます。

綿麻の特徴は以下のとおり

綿麻の特徴

 

  • 綿:柔軟性と吸水性
  • 麻:シャリ感と速乾性

シャリ感とは、肌に触れた時に涼しい感じがすることです。

綿麻は柔らかく、涼しい感じがするだけでなく、汗をかいてもすぐに乾くので日本の夏にぴったりなのです。

織り方も着心地を大きく左右します。

夏に最適な織り方はしじら織

しじら織は、表面に「ちぢみ」や「しぼ」と呼ばれる凹凸ができます。

この凸凹で生地が肌にくっつくことを防ぎます。

なので夏でも快適な着心地を保つことができるのです。

生地と織り方がこんなにも着心地を左右するなんて初めて知りました。

しじら織の綿麻作務衣は部屋着に最適

f:id:Wabisabist:20190811133126j:plain

作務衣には袖によっていろんな仕様があります。

代表的な仕様が以下の3つです。

作務衣の仕様

 

  • 筒袖式
  • 袖ゴム式
  • ロールアップ袖

作業着として着るのであれば、袖がまくりやすいゴム袖仕様・ロールアップ袖仕様がいいでしょう。

でも、しじら織の綿麻作務衣を部屋着として着るのであれば、ゆったりとした筒袖式をおすすめします。

あと、気になる洗濯ですが、洗濯機で全く問題ありません。

以下の2点だけ気をつければ大丈夫です。

洗濯の際に気をつけること

 

  • 最初の洗濯は作務衣だけで洗う。
  • 洗濯ネットに入れる。

商品にもよるとは思いますが、作務衣は色落ちする可能性があります。

なので、最初の洗濯だけは作務衣だけで洗いましょう。

2回目以降は他の洗濯ものと一緒に洗って問題はなかったです。

また、綿麻の作務衣型崩れやシワになりやすいです。

でも、洗濯ネットに入れて洗濯すると型崩れやシワを軽減することができます。

ゆったりと過ごせるうえに洗濯も気をつかわないから毎日着ています。

作務衣生活の評判

作務衣は簡単に着ることができるうえ、和の雰囲気を体感できます。

なので、最近は若い人たちのなかでも愛用者が増えています。

多くの人が部屋着として作務衣を着てるんですね。

しじら織の綿麻作務衣生活、始めました。|まとめ

本記事は「涼しくて部屋着に最適!しじら織の綿麻作務衣生活、始めました。」について書きました。

しじら織の綿麻作務衣は爽やかな着心地で日本の夏にぴったり

また、洗濯もあまり気をつかうことなく、日々の部屋着として有能です。

最近では気軽に和の雰囲気を味わえるので若い人たちの間でも愛用者が増えています。

作務衣生活、始めてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました