3か月で市役所に転職!自衛隊で働きながら社会人経験者採用に合格する方法

自衛隊 転職 市役所 市役所社会人採用
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
わびさびすと
わびさびすと

元軍人で地方公務員を経て、現在は外資系企業で勤務しているわびさびすと(@wabisabist)です。

  • 自衛隊はイヤ!安定した仕事に転職したい!
  • 自衛隊から市役所って転職できるの?
  • 働きながら市役所の試験に合格できるの?

と疑問を抱えている方のお悩みを解決できる記事になっています。


この記事で紹介する自衛隊で働きながら市役所に合格するための方法を知っておくとコスパ抜群で市役所に転職できるようになります。


実際に私は転職を決断してから約3か月で市役所に合格することができました。


この記事を読み終えると、自衛隊から市役所転職への道が見えてきますよ!

自衛隊で働きながら市役所に転職できるの?


結論は、自衛隊で働きながら市役所に転職できます。


自衛官から市役所に転職する方法は2つ

  • 一般枠での受験
  • 社会人経験者採用試験の受験
要件が違うんです!

これらの2つは『受験要件』が異なります。


結論から言うと30歳以上の方は社会人経験者採用試験を受けることになります。以下、詳しく見ていきましょう。

市役所の一般枠での受験

市役所の一般枠で転職するひとはこんな感じのひとです。

新卒で自衛隊に入隊したけど、すぐにいろんな不満が…自衛隊を辞めて市役所に転職したい。


この場合、一般枠での受験が可能です。


一般枠とはいっても民間企業のように新卒者限定という試験ではありません
ただし年齢には上限があり、30歳までという場合が多いです。

市役所の社会人経験者採用試験の受験

次に市役所の社会人経験者採用試験で転職するひとはこんな感じ

自衛隊で5年以上勤めてきたけど、不満が出てきた…今までの経験を活かして市役所に転職したい。


この場合は 社会人経験者採用試験での受験が可能ですよ。


社会人経験者採用試験は次の受験要件があるのが一般的

  • 年齢要件の下限がある。
  • 勤務年数の要件がある。

各自治体で受験要件は異なりますが、ある程度の期間を自衛隊で勤務している一般的な自衛官であれば容易に満たす要件です。


私は社会人経験者採用試験を受験して採用されました。

市役所の社会人経験者採用試験って難しいの?

結論から言うと、受験するのも合格するのもとってもかんたんです。

  • 地方の市役所の試験は高卒レベル
  • 要件は普通の自衛官なら問題なし
  • 試験の日程はほとんど休日
  • 採用日は1〜2か月遅らすことも可能
受けなきゃ損!

市役所の社会人経験者採用試験の内容についてはこちらの記事をご覧ください。

自衛官として働きながらできる勉強方法は?

自衛隊で働きながらできる市役所の採用試験対策は大きく2つ

  • 公務員専門学校に通う
  • 独学で勉強する
私は独学でした!

この2つの中間的な位置づけとして「通信教育」という方法もありますが、個人的には独学と同じと考えています。

公務員専門学校にしろ独学にしろ、メリット・デメリットがあります。
私の経験を踏まえて紹介していきますので、自分の特性にあった試験対策を選びましょう!

自衛官として働きながら公務員専門学校に通う

公務員の採用試験対策の王道が公務員専門学校に通うことです。
私も市役所の社会人経験者採用を受けると決めたとき、公務員専門学校を真剣に検討しました。


その際に分析した公務員専門学校のメリット・デメリット、そしてどんな人が向いているのかを紹介します!

公務員専門学校に通うメリット・デメリット

公務員専門学校に通うメリットとデメリットはいろいろあるのですが、集約していくとそれぞれ下の3つになります。

メリット
  • 充実したカリキュラム
  • 論文や面接対策もカバー
  • 仲間や競争相手の存在
デメリット
  • 勉強の時間と場所に制限
  • 決して安くない授業料
  • 試験に対する重圧

公務員専門学校は公務員試験を知りつくしたエキスパートです。
そのエキスパートが作成したカリキュラムで勉強できることが、公務員専門学校に通う最大のメリットです。


また、独学では対策が難しい論文や面接の対策もカバーしています。
最近の公務員試験は教養試験より論文や面接を重視する傾向があるので、論文や面接対策をカバーしていることもメリットのひとつです。


さらに独学ではないのが、仲間や競争相手の存在です。
公務員試験はモチベーションの維持が大きな課題となりますが、仲間や競争相手の存在はモチベーションを維持する要因になります。


公務員専門学校に通うデメリットは時間とお金です。
公務員専門学校に通うとなると、カリキュラムに合わせた時間を確保する必要があります。
また、洗練された内容をプロの講師から授業を受けるので、入学金や授業料は安くはありません。
時間とお金をかけた分、感じるプレッシャーも大きくなります。

公務員専門学校に向いているタイプ

公務員専門学校に通うメリットとデメリットから導き出される『向いているタイプ』はこんな人です。

  • 最短で合格を目指したい人
  • 自己管理に不安がある人
  • お金と時間に余裕がある人

ぶっちゃけてしまうとお金と時間に余裕がある人は絶対に公務員専門学校に通うべきです!


私も時間に余裕があれば絶対に公務員専門学校に通っていました。
最短で合格できる効率的なカリキュラムを買うと考えれば、入学金と授業料は安いものです。

おすすめの公務員専門学校

私が最後の最後まで検討していた公務員専門学校は『資格スクール大栄』の公務員講座です。


おすすめポイントはこの3つ

  • 100拠点以上あるので通学しやすい
  • キャリアナビゲーターの適切な進捗管理
  • 圧倒的な二次試験対策

特におすすめするポイントは『圧倒的な二次試験対策』


公務員試験は「人物評価重視」に変わりつつあります。
そんななか、大栄は他の公務員専門学校よりも自身の魅力を伝える「二次試験対策」に重点を置き、ひとりひとりに合わせた充実サポートを実施しています。


詳しくは資料を取り寄せて確認してみてください。
資料請求はもちろん無料です。

自衛官として働きながら独学をする

時間の制約が大きかった私は独学の道を選びました。
結果的に3か月で市役所の社会人経験者採用に合格することができました。


私が実際に独学をやってみて感じたメリット・デメリット、そしてどんな人が向いているのかを紹介します!

独学のメリット・デメリット

公務員試験を独学で行うメリットとデメリットはいろいろあるのですが、集約していくとそれぞれ下の3つになります。

メリット
  • 勉強の時間と場所が自由
  • 比較的安上がり
  • わりと気楽
デメリット
  • カリキュラムを自分で構成
  • 論文や面接対策が不安
  • 孤独との戦い

独学の最大のメリットは自由度の高さです。
勉強するのに時間と場所を選ばないので、自宅や職場、通勤電車内でも勉強できます。


また、独学は基本的に参考書だけで勉強できます。
新品で購入する参考書、中古で購入する参考書、図書館で借りる参考書を上手に使い分ければ5,000円未満で済みます。


独学は時間もお金もかけないので気は楽です。
失敗したり、挫折しても「まあ、いいか」くらいで済みます。


一方で独学のデメリットは、全て自分で勉強を進めなければならないことです。
公務員の試験は範囲が広く、どのように勉強をしていけばいいか途方に暮れます。
さらに独学だと論文や面接の対策は正直難しいです。

独学に向いているタイプ

独学で公務員を目指すメリットとデメリットから導き出される『向いているタイプ』はこんな人です。

  • 気楽に目指したい人
  • 自己管理に自信がある人
  • お金と時間に余裕がない人

「合格したらラッキー」くらいの感覚で目指すひとは独学でもいいと思います。

おすすめの独学の方法

私も気楽に目指していたのですが結果として3か月で合格しちゃいました。
独学で市役所を目指す!という方はこちらの記事も参考になるかと思います。

まとめ:自衛隊で働きながら市役所に合格するための方法

以上が『3か月で市役所に転職!自衛隊で働きながら社会人経験者採用に合格する方法』です。

働きながら社会人採用に合格する方法
  • 30歳以下なら一般枠、30歳以上なら社会人経験者採用!
  • お金と時間に余裕がある人は公務員専門学校が確実!
  • 公務員専門学校の最大のメリットは効率的なカリキュラム!
  • 独学でもコツさえつかめば合格できる!
  • 独学の最大のメリットは自由度の高さ!

冒頭でもお伝えしたように市役所の社会人経験者採用試験は「受験しやすくて意外と簡単」です。


今回紹介した勉強方法で、働きながら絶対に合格できます!


自衛隊から市役所に転職したいという決心がついたら早速行動しましょう。悩んでいては受験要件の年齢を超えてしまいますよ!


また、市役所と民間企業で悩んでいる方はこちらの記事もご覧くださいませ!

タイトルとURLをコピーしました