苦手なひと必見!市役所社会人採用を目指すひとの数的処理の勉強方法

未分類
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

さて、今回は地方公務員の社会人経験者採用試験の話


地方公務員試験の「数的処理」の勉強方法がわかりません。わびさびすとさんはどのような勉強をしましたか?




こういった質問にお答えします。

この記事を読んでわかること

仕事をしている人でも簡単にできる「数的処理」の勉強方法


社会人経験者採用試験の教養試験対策

教養試験は概ね40題出題され、市役所の社会人採用試験の筆記試験はほとんどが教養試験のみです。
教養試験の出題は次のとおりです。

教養試験の出題範囲
  • 社会科学:政治・経済、社会
  • 人文科学:世界史、日本史、地理、思想、文学・芸術
  • 自然科学:数学、物理、化学、生物、地学
  • 文章理解:現代文、古文、英文
  • 数的処理:数的推理、判断推理、資料解釈
問題は簡単です!

上の科目の中から40問が出題されます。
重要な科目を順に並べると、「判断推理」、「数的推理」、「政治・経済」

「判断推理」及び「数的推理」は出題数が多い上に、馴染みがないのである程度勉強しないと解けないでしょう。

「政治・経済」は新聞等を読んで、最新の知識を頭に入れておかないと厳しいでしょう。

その他の科目は、中学校及び高校で学んだことをある程度覚えていればそれなりに解けます。

ちなみに地方公務員の社会人採用試験の筆記試験はあまり重視されないようです。
いわゆる「足切り」のための試験なのです。

面接試験や小論文試験のほうが重要なので、筆記試験のための勉強はほどほどにしたほうが良いでしょう。

社会人経験者採用試験の「数的処理」の勉強方法

数的処理とは数的推理、判断推理、資料解釈のことです。

数的推理や判断推理に苦手意識を持っているひとは多いと思います。

数的推理や判断推理に苦手意識を持っているひとは、ある程度の対策をしておかなければ市役所レベルでも対応できないと思います。

他の科目の対策とは違い、本を読むだけではなかなか理解することができません。
ですので、数的処理だけは問題集を購入して机に向かって勉強しました。
では、私が実際に使用した問題集を紹介します。

数的推理:「数的推理がみるみるわかる!解法の玉手箱」

数的推理の勉強で使用した参考書は「数的推理がみるみるわかる!解法の玉手箱」です。

この参考書は冒頭に算数や数学の復習があるので、久しぶりに算数や数学を勉強する社会人でも安心ですよ。
カテゴリごとに例題が設けられており、丁寧な解説が付いているので途中でわからなくなることがありません。
また、練習問題にも丁寧な解説が付いており、本当にわかりやすいです。

この参考書で勉強して数的推理を理解できないのであれば、公務員試験はあきらめたほうが良いでしょう。
それくらいわかりやすい参考書だと思います。

教養試験の40問中、最も多く出題されるのが数的推理と判断推理です。
言うまでもなく、教養試験で一番時間をかけて勉強すべき科目です。

私は筆記試験対策の中で、数的推理の対策に一番時間をかけました。
この参考書を毎晩1時間勉強して、2か月間で全問題を2回解きました。
最初は時間がかかりますが、1回目を根気強く解けば2回目は容易に解けます。

その成果もあって、実際の試験の時は全問解けました。

判断推理:「判断推理がみるみるわかる!解法の玉手箱」

判断推理の勉強で使用した参考書は「判断推理がみるみるわかる!解法の玉手箱」です。
数的推理と同じシリーズの参考書ですね。

この参考書も数的推理の参考書同様、カテゴリごとに例題が設けられており、丁寧な解説が付いているので途中でわからなくなることがありません。
また、練習問題にも丁寧な解説が付いており、本当にわかりやすいです。

ただ、判断推理はある程度センスがいると思います。
私はカテゴリによってよく理解できるところとそうでないところがありました。
おそらくよく理解できなかったところは、参考書が悪いのではなく私にセンスがなかったからでしょう。

数的推理のときにも言いましたが、教養試験の40問中、最も多く出題されるのが数的推理と判断推理です。
言うまでもなく、教養試験で一番時間をかけて勉強すべき科目です。

しかし、私は判断推理はある程度センスの問題と思っていたので、数的推理ほど時間をかけなかったです。
この参考書を毎晩30分間読んで、2か月間で全問題を2回読みました。
解かずに読んだだけです。

それでも実際の試験の時は全問解けました。

資料解釈:勉強しませんでした

私は資料解釈の勉強を全くしなかったです。

社会人として普通に仕事をしていれば、対応できると思ったからです。

資料解釈の試験内容は、グラフや表の内容を読み取って、その内容について正しいものを選択肢から選ぶものです。
グラフや表なんて社会人なら毎日嫌というほど見ているし、それを読み取ることは社会人として当たり前のスキルなので勉強は必要ないです。

実際の試験でも全く問題なく解けました。
ただ、時間配分には気をつけたほうが良いでしょう。

【地方公務員の社会人経験者採用試験】数的処理の試験対策|まとめ

仕事をしている人でも簡単にできる「数的処理」の勉強方法について紹介しました。

「数的推理」と「判断推理」は出題数が多い上に、馴染みがないのである程度勉強しないと解けないでしょう。
筆記試験対策で最も時間をかける科目は間違いなく「数的推理」です。

とはいえ、地方公務員の社会人経験者採用試験は面接試験や小論文試験のほうが重要なので、筆記試験のための勉強はほどほどにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました